ブログ

27

こんにちは。

気が付けば一月ももう終わりですね。

この間に起きたできごとといえば、
ヒドイ風邪を引きました。(汗)

38度以上が5日間つづき、MAXは39.5度でした。


病院にいってないのでわかりませんが、
インフルエンザだったんでしょうか。。

ところで、
みなさんは、風邪を引いたとき
どのようにされますか?


「とりあえず病院へ」
「風邪薬を飲んでゆっくり休む」
「氷枕で熱をさます」

などなど。


我が家の対処法は、ズバリ、

“なにもしない”

です。


風邪薬や解熱剤を飲まないことを
驚かれることがままあるのですが、
一切飲みません。


理由は、

「症状=自然治癒力」

と捉えているからです。


自然治癒力を応援するネットショップを
運営しているのに、その自然治癒力がせっかく
働いてくれているのを抑えたらもったいですよね。


熱や咳や下痢、
すべて身体を正常な状態へと戻そうとしてくれる
働きなのです。



「熱ってなんででるんだろう?」
と考えたことありますか?



諸説ありますが、
身体に溜まった不要なもの(毒素?)を
熱で溶かして汗や尿で体外に排出する掃除の役割
という説が僕的にはしっくりきています。

また、ウイルスは熱に弱いので、
高熱を出して退治するというのもうなずけます。

最近では、がん細胞は39.4度で死滅するので、
高熱がでたらラッキー!なんていう説もありますね。


いずれにしても、
熱は勝手に上がってるのではなく、
ウイルスをやっつけたり、身体の掃除のために、
自ら“上げている”と捉えたほうがよさそうです。


かく言う私も、昔は風邪を引くとすぐに
風邪薬を栄養ドリンクで流し込んでいました。

その場は熱も下がりなんとかなるのですが、
いつまでたってもスッキリしないんです。
ずっとくすぶっているような感じがするんです。


逆に、いまのようになにもせず、
熱も上がるにまかせ、食欲もなければ無理に食べず、
というようにすると、そのときは辛いのですが、
症状がおさまった後は、身体のなかの細胞が入れ替わった
みたいにスッキリ元気になります。

ひとことでいうと

「リセット完了!」

みたいな。


たぶんがん細胞も絶滅したと思われます。笑


どうしても薬に頼らなければならないときや
一時的にでも症状を抑えなければお仕事に支障を
きたすというシーンもあるかとは思いますが、
極力自然治癒力の発動を応援してあげたいものです。

 

~謹賀新年~

 

昨年は格別 の御厚情を賜り、厚く御礼を申し上げます。

 

本年も皆さまの健やかな暮らしのお役に立てるようつとめてまいりますので

昨年同様のご愛顧を賜わりますようお願い申し上げます。

 

皆様のご健康とご多幸を心よりお祈り申し上げます。

 

本年もどうぞ宜しくお願い致します。

 

 

平成29年 元旦

Natural&Healthy Design 一同

年々もの忘れがひどくなっている気がするのは、

私だけではないはずです 笑

 

こんにちは、旦那です。

 

特に私は、 カミさんとの約束や取り決めをすぐ忘れるらしく、

よく叱られます。

 

というわけで、備忘録。

 

カミさんへの今年のクリスマスプレゼント。

 

やはり手作りが一番!

 

ということで、 「丸太BOX」

 

 

Nature Works主宰 長野修平さんのWSにて 製作しました。

 

丸太選び

皮むき (難易度;★★☆☆☆)

ヤスリ掛け

ナタ割り (難易度:★★★★☆)

仕切り作り

貼り合せ (難易度:★★★★★)

取っ手の枝つけ

革バンド装着

完成!

 

 

完全に私の自己満足ですが、 よいできです(^^)

みなさんは、どんなものを プレゼントされていますか?

2016年も残すところあと数日ですね。

旦那です。

みなさんにとって、今年はどんな一年でしたか?

楽しいことうれしいこと、
いろんなドラマがあったことと思います。

我が家もいろいろなことがありましたが、
一番のニュースは長男の小学校入学でした。

春、小さな体に大きなランドセルという
なんとも微笑ましい光景を目にしたとき、

まさに、

「期待と不安が入りまじり」
「うれしくもありさびしくもあり」

といった心境だったのを覚えています。


うちの子は予防接種もすべて未接種、
薬も飲んだことないという「医者いらずクスリいらず」で
ここまできたので、どのようにまわりと調和していくか
ということは夫婦の間でも自然と話題になりました。


さて、そんな中、早速浮上してきました給食の「牛乳問題」。
 
小さなお子様をお持ちのご家庭の中には、
「あ、うちも!」という方もいらっしゃるかもしれませんね。 


その前に、
「牛乳のなにが問題なの?」という方のために簡単に説明しますと、

一般的に、牛乳にはカルシウムなど成長に欠かせない栄養素が
たっぷり含まれているとの理由で推奨されていますが、
一方で、「日本人の体質には合わない」「アレルギーの原因になっている」
「カルシウムは吸収されない」、さらには、「骨を弱くし知能も下がる」という
ちょっとびっくりな話さえあります。 


私はそこまでは分かりませんが、
少なくても牛乳は人間が飲むのは不自然だと感じていますし、
推奨されている理由も戦後のアメリカによる占領政策が利権となって
今日まで続いているだけという理解をしていますので、子どもにも
牛乳をすすめていません。

我が子の健康を欲深い大人たちの犠牲にするつもりは
毛頭ないということです。 

牛乳については、小児科医の真弓定夫先生の著書が詳しいですね。




うちの長男は、量や体調にもよりますが、
乳製品を摂ると実際に肌荒れを起こします。

医療機関で検査を受けたことはありませんが、
一般的にいうところの食物アレルギーと判断しています。

入学説明会の際に、
家内が「アレルギーがあるので牛乳は飲ませません」と申し出ると、
学校の栄養士さんは「では、これにお医者さんのサインをもらってきてください」と
書類を手渡しました。

かかりつけの医者さんがいないので、
近所の小児科へいき「サインをしてください」というと、
そのお医者さんは「おたくは予防接種も打たせていないのか? 
非常識だ。とてもサインはできない」と返されたというのです。

怒り心頭の状態で私に電話があり
「だれかサインしてくれるお医者さん知らない?」とのこと。

幸い、心当たりのある方が幾人か浮かぶのですが、
わざわざお願いするのもなんだかなぁ、と思ったので
自分が学校に掛け合ってみることにしました。


診断結果はないけれども、
血液検査でアレルギーが完全にわかるわけでないし、
事実として牛乳はじめ乳製品を摂ると肌荒れを起こすので
親の判断で摂らせない旨を学校の栄養士の方に伝えたところ
「そういうことなら医師のサインはいりませんよ」とあっさり。

帰宅して家内に伝えると「な~んだ」と。
おまけに給食費から牛乳代は差し引いてくれるとのことで「助かる~」
ということで万事OKとなりました。


入学前に学校と妙な波風を立てたくなかったので
その点は丸く収まって良かったのですが、
その背景には、多くの子どもたちが食物アレルギーをもっていると
いう現代社会の問題が横たわっているわけですので喜んでもいられません。

いずれにしましても、
そうした経験のひとつひとつが「あなたの自然治癒力を応援!」という
このショップ運営に繋がっているのは確かです。

 

旦那です。

 

夫婦で運営しているショップですが、

この手のブログ記事はだいたいワタクシです。

 

年末のこの時期、街ではイルミネーションがとっても綺麗ですね。

イルミネーションにはたくさんの電気が使われているわけですが、

家庭で使用する電気で気を付けなければいけないのが電磁波です。

自然な住空間を求める方でも以外と見落しがちです。

 

「自然素材の寝具にしたのに、どうも調子がよくない」

「ナチュラルなお部屋なのに、なんだか落ち着かない」

 

もしかしたら、 その原因は電磁波かもしれません。

 

そこで今日は、

私自身がここ数年にわたり得てきた電磁波に関する情報をまじえて、

上手な電気との付き合い方を考えていきたいと思います。

 

では、本編へ。

 

 

私たちの身の回りの電気製品は、年々増え続けています。

 

家の中を見渡しても、テレビ・エアコン・炊飯器・洗濯機・電子レンジ、

最近ではパソコンも一人一台の時代を迎えていますね。

 

伴い、電気の使用量も伸び続けており、

この40年間で実に6倍になったともいわれています。

今後もますます増えていきそうです。

 

 

そこで注意が必要なのが「電磁波」です。

 

電気の使用量とともに増え続ける電磁波に対し、

私たちは上手に付き合うことができているのでしょうか?

 

電磁波の人体への影響は100%解明されてはいませんが、 さまざまあるようです。

目がチカチカする・よく眠れない・ダルい、 などの身体の不調の原因は、

もしかしたら電磁波障害によるものかもしれません。

 

また最近、落ち着きがない子どもが増えたという話をまま耳にしますが、

すぐに「発達障害」「多動症」と病気にするのではなく、

電磁波の影響を考えてみることも必要だと思います。

 

というのも、 これまでの長い間、電磁波は人体に影響はないと考えられてきました。

 

健康に異変があっても、まさか電磁波が原因だとは誰も考えなかったのですね。

 

しかし、近年の世界各国の調査では、 「悪影響あり」というのが共通した見方のようです。

世界にはすでに明確な基準値を設けて規制をしている国もあります。

「13歳以下の子どもには携帯電話の使用を制限する」などです。

 

残念ながら日本は、子どもたちへの対策すら進んでいません。

 

リスクを検証している間にも影響は出続けるとすれば、 まずは対策!

 と考えるのが得策のようです。

 

特に今の子どもたちは、徐々に電気製品が増えてきた私たち大人と違い、

生まれた時点でたくさんの電気製品が身の回りにある環境です。

 

少しでも影響が低減されるように工夫してあげたいのですが、

具体的にはどのようにしたらよいのでしょうか。

 

ポイントは2つ。

 

●アースを取る

●コンセントをこまめに抜く

 

つまり、電磁波を物理的に避けるということですね。

 

何かの対策というと出費が伴うものが多いと思いますが、

「 コンセントをぬく」のようにちょっとしたことでも対策はできます。

 

急激に普及した「スマートフォン」への対策もお金をかけずにできます。

頭に近づけると電磁波の影響で脳の血流が下がり温度が上昇します。

そのため、会話をするときはイヤホンを使用するとか、

目覚まし時計がわりに枕元においてお休みになる方も多いかと思いますが、

充電中は電磁波がでるので充電器を外しておくなどです。

 

大ヒット商品の「iPhone」、 生みの親は今は亡きスティーブ・ジョブズ。

彼が耳にiPhoneをあてている写真は一枚もないそうです。

ちゃんとわかっていたのですね。

 

また、電磁波を考える上でもうひとつ重要な要素があります。

それは、「気にしすぎない」ということです。

 

これは個人の力ではどうしようもできないようなものは あまり気にしないようにするということです。

例えば、電線や電車、WiFiなどです。 

 

過度なストレスは病気のもとですから。

 

気にするべきは、やはり身近な電気製品です。 

その筆頭がパソコン。 

 

一日中お仕事でパソコンを使用している方は特に対策を考えられたほうがよいかと思います。 

方法としては、「アース」をとるといことになります。

 

私も長時間パソコンを使用することが多いので、アースをとっています。

パソコンからアースをとる機器は通販で買えますので(他社さんですが)、

ぜひ検討してみてはいかがでしょうか?

 

※パソコンをアースする機器はこコチラ

 

ということで今日は、身近な電磁波の対策について書いてみました。

メリークリスマス♪

 

 

見慣れたお部屋も 間仕切りによって

仕切ることで 印象がかなりかわって新鮮になりますよね。

 

自然栽培の生地は、 カーテンとして窓辺に使用するのはもちろんのこと、

お部屋の間仕切りとして使用してもとっても素敵なんです。

 

我が家も「高窓用」のカーテン生地を、

間仕切りとして使っていますがとっても快適です♪

 

取り付けもカンタンです。

カーテンレールを取り付けて、 クリップで布を挟むだけ。

あっというまに完成です。

 

我が家の写真を載せるのは、 やめておきますね。笑

 

 

「クリップは便利だけど、 もう少し見た目にもこだわりたい!」

 

 

という方のために上級編の一例をご紹介。

 

横浜市都筑区にあるオーガニックレストラン

「ナチュラル・ハーモニー コア」の店内にて。

 

素敵です♪

 

 

 

“ハトメ”を使ってロープで留める。

 

ぜひ真似してみたいアイデアですね。

 

薄手の生地をチョイスすれば、

差し込む光によってお部屋全体をやわらかい 雰囲気で包んでくれそうです。

 

※頻繁に開閉するところには不向きです。  念のため(^^)

 

11月11日に

リニューアルオープンをしたもののブログは手つかず、

 

はやく書きたいなぁ~、

と思いつつ年末になってしまいました(^_^;)

 

この間、リニューアル中にもヘンプパジャマのご注文を頂戴したり、

最近では電磁波についての相談をお受けしたりと、

みなさまと とても楽しくやりとりさせていただいております。

 

さて、今日は、

そんなやりとりの中で生まれた 「送料」についてのお話です。

 

“送料無料!”

 

というのもよく目にしますが、

当然だれかがなにかの形で負担はしているわけですから、

やっぱり安いにこしたことはありません。

 

そこでひと工夫。

 

当ショップで扱っている

無添加純石けん「サンダーレッド」をお送りするときの

裏ワザ公開です。

 

この商品は、このとおり箱入り。

 

 

箱から取り出すと……、

 

 

このとおりポッテリしたかんじ。

 

通常の宅急便でお送りすると、

お客さまのお住まいのエリアにもよりますが、

だいたい650円以上はかかります。

商品代918円のものに、

送料650円掛けるのはどうも気がすすまない。

 

ところが、

 

箱から出して、 中身(粉状)をペタンペタン伸ばすと、

郵便局の「レターパックライト」で お届け可能となるのです。

 

じゃじゃん。

 

 

送料は、360円!

もちろん、商品箱も畳んで同封です。

 

もし、 「サンダーレッド」のみのご購入で、

箱から出しても問題ないわ!

という方は、ぜひこの方法をご指示いただければと思います♪